自然栽培野菜

自然栽培野菜

〜自然栽培とは〜

農薬にも肥料にも頼らず、自然の力を生かして作物を育てる農法
有機栽培とも違い、また放置栽培とも違う。その一歩先をゆく農法として注目されている。

〜奇跡のリンゴの木村さんとは〜

映画や書籍にもなった「奇跡のリンゴ」とは、
世界で初めて、農薬にも肥料にも頼らず、本格的なリンゴ栽培に成功した実際のお話。
そのモデルとなったのが、青森県弘前市のリンゴ農家の「木村秋則」

木村秋則

「りんごは、農薬と肥料で育てる」という常識を越えて成功したため、「奇跡のリンゴ」と呼ばれるようになった。
そのリンゴ栽培に基づいて木村秋則氏によって提唱されたのが「自然栽培」という農法です。

吉田牧場

吉備高原にある山の中の小さな牧場。現在は家族6名とスタッフ1名の体制。放牧地でのんびりと過ごし、たくさんの牧草を食べたブラウンスイス牛から搾乳される風味豊かなミルクから、10種類のチーズを作っている。
現在製造しているチーズは、モッツァレラ、カチョカヴァロ、カマンベール、フレッシュチーズ、リコッタ、ラクレット、ウォッシュタイプ、マジヤクリ、コダカ。

吉田牧場

かほくイタリア野菜研究会

ほくイタリア野菜とは、
山形県河北町及び近隣市町村の気候風土を利用してかほくイタリア野菜研究会の栽培マニュアルに基づいて生産され、企業組合かほくイタリア野菜研究会で厳選し出荷されるイタリア野菜です!現在年間約60品目程度のイタリア野菜の生産に取り組んでいます。
『国産のイタリア野菜を使いたいが品物がなくて買えない…』そんなイタリアンシェフの一言からこの事業は始まりました。欲しがっている人がいるのに品物がない、それならばわれわれが作ってしまうおう、と。たくさんあるイタリア野菜の中から、シェフと話し合い、栽培の中心に据えたのが、イタリア野菜の王様とも言われる高級冬野菜、『トレヴィーゾ・タルティーボ』です。トレヴィーゾの原産地はアルプス山脈近くの寒冷な地域で、山形県と気候環境が似ています。

山形県山形県河北町のふるさと納税で、アクアパッツァの旬のかほくイタリア野菜を使ったお料理をお楽しみいただける食事券をお取り扱いいただいています。
旬のかほくイタリア野菜料理食事券

かほくイタリア野菜研究会

千日和牛

アクアパッツァでは、山形斎藤さんの千日和牛を使用しています。こちらは牛にこだわり、血統にこだわり、餌にこだわり、選び抜いた雌牛を、限りない愛情と手間隙をかけ、生後1000日というながい期間、一頭一頭自社牧場で大切に育て上げた安心・安全な牛肉です。

千日和牛

Organic Restaurant

アクアパッツァは、安全で美味しい
素材にこだわり、
オーガニックレストラン認証を
取得しています。

アクアパッツァは、2018年にリーファース オーガニックレストラン認証を取得しました。「オーガニック」と記載あるメニューに関しては、オーガニック認定原料を使用しています。
安全で美味しい野菜にこだわった、とびっきりのイタリア料理をお楽しみください。

アクアパッツァの定番オーガニックメニュー

有機小麦粉のスパゲティーニ

有機小麦粉のスパゲティーニ ¥2,000
  イタリア有機認証トマト、スパゲティーを使用

有機認証ドリンク

りんごジュース(オーストラリア産)¥800
ぶどうジュース(泡・白・赤)   ¥800
コーヒー             ¥600
紅茶(ダージリン)        ¥600
カモミールティー         ¥700

その他、オーガニック料理メニューは、入荷する有機野菜によって、
変わりますので、スタッフにお気軽に問い合わせください。

リーファース オーガニックレストラン認証とは

リーファース オーガニックレストラン認証

リーファース オーガニックレストラン認証は、日本のオーガニック食材が少ない現状の中、真のオーガニック食材を使用した料理を提供している飲食店等の取り組みを評価する第三者機関です。
認定レストランは「オーガニック○○」、「有機○○」とメニューに表示する際、オーガニック食材の使用が事実に基づくものであり、調達ができなかった場合は消費者に説明を行うまたは表示を変えるなどし、事実に基づいた対応をします。

ベジタリアンメニュー

アクアパッツァではベジタリアンの方のためのメニューもご用意しております。
またヴィーガンメニューにも対応できます。どの程度のヴィーガン度かを事前にご相談ください。
ヴィーガンコース¥8000(税・サ別)もしくはアラカルトでもご用意できます。
ベジタリアンメニュー、ヴィーガンメニュー共に4日前までに要予約です。
お気軽にご相談くださいませ。

ベジタリアンメニュー

ある日の「ベジタリアンメニュー」

○河北町産“秘伝豆”“くらかけ大豆”と“ズッキーニ”のラビオリ仕立てヘーゼルナッツの香り
○“玄米”と“大麦”のリゾット仕立て、“ブロッコリー”と“ローストトマト”と共に
○“大豆ミート”“じゃが芋”“玉葱”を詰めた“緑パプリカ”のリピエーノ、少し酸味の効いた“万願寺唐辛子”のトマトソース

Voice of Kitchen

アクアパッツァは、徹底して素材に選びを大切にしてきました。
旬の素材には、最上級の美味しさと栄養があります。それをどう調理していくかを探求する気持ちが、ひと皿を作ります。
厨房からの川合シェフの声を紹介します。

魚介類

魚介類

スズ市水産(千葉県千倉)
http://www.suzuichi.jp/

鮮度にこだわった魚介はスズ市水産から朝獲れ鮮魚をいただき、一番美味しい調理の仕方でお客様に提供しております。

特に「天津のキンメダイ」は格別。5キロ超えの大物のメダイ、ヒラメ、鴨川の蛤も抜群で、仕入れの大野さんの目利き、人柄も素晴らしいです。
地元の千倉をはじめ房総の各漁港で水揚げされた新鮮な鮮魚を仕入れます。鮮魚を熟成させる保存法も取り入れております。
鈴木基進社長は、ワイン好きでグルメでもあることから、お客様の目線でもワインに合う鮮魚を選ばれているように思います。

穀物

雑穀

株式会社 旭食品(山梨県南巨摩郡)
http://www.asahi-foods.com

旭食品は、1897年(明治30年)創業の穀類の精選、製造販売を行うメーカーです。
特定の産地で栽培された厳選素材を選び、安全と高度な技術により高品質な商品作りをされています。
日髙シェフとのコラボ商品「ふだんの雑穀」オリジナルブレンド16穀が小包装でとても便利です。
ランチで人気のあさりと大麦のリゾット風の大麦は国産を厳選。雑穀をヘルシーにイタリアンにアレンジして提供しています。

上に紹介している生産者をはじめとして、一年の四季を通して全国津々浦々の生産者から届く“安心”“安全”そして“美味しい”食材を使用しております。